整体院で定着率が高い新規客を集める集客ツール3選

地域密着の整体院に集客するには、知ってもらう活動と選んでもらう活動が必要です。

これらを実現するためには、チラシ集客、ホームページ集客、紹介、という基本的な3つの集客法があります。

チラシ集客は知ってもらうための活動、ホームページ集客は、選んでもらうための活動、紹介は両方を実現する活動になります。

 

しかし、整体院チラシ集客はすでに効果がなくなったと思っている人もいるかもしれません。

確かにインターネットが普及する前と比べると、チラシの効果は落ちたかもしれません。

とは言え、チラシはまだまだ効果的です。チラシには、大きなメリットが3つもあるのです。

そのメリットとは、、、

・大人数を短期間で集客できる

・定着しやすい近所のお客様を集客できる

・クチコミ紹介客が増える

では、これらのメリットについて、詳しく紹介していくことにしましょう。

 

なぜ今でもチラシが効果的なのか

特に地域密着で、郊外型の美容室が新規オープンする場合、チラシ集客はその力を最大限発揮します。

その理由は、近所の人を短期間で大人数集客できるからです。

 

インターネットの時代にチラシなんか意味がない、と思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。

なぜなら、実際にチラシで成果を出しているお店がたくさんあるからです。

 

特に新規オープンのお店ではチラシが効果的なのですが、なぜインターネットが普及しても効果が出ているのでしょう。

それは、集客で一番必要なことが出来る、ほぼ唯一の方法がチラシだからです。

言い換えると新規集客で悩んでいるお店は、集客で一番必要なことができていません。

 

その、一番必要なことこそ、知ってもらう活動なのです。

地域に住む人は日々の中で、自分が興味のあることしか見ていません。

 

つまりあなたのお店は見えていないのです。

見えないと違うお店に行こうと思ったときに選んでもらえません。

だからまず、お店の存在を知ってもらうことが最優先なのです。

 

知ってもらう方法には、看板や挨拶回りなども考えられます。

しかし、看板は店の前を通らない限り見てもらえません。

また、挨拶回りは時間と手間がかかります。

つまりどちらの方法も、短期間で大人数に伝えることはできないのです。

 

他には、ホームページやネット広告などが考えられます。

しかしこれらは、まずお客様に検索してもらう必要があります。

つまり、お客様からのアクション待ちの方法なのです。

アクションを起こしてもらうには、まずお店の存在を知ってもらわなくてはならないのです。

 

そのため、特に認知度の低い新規オープン時は、チラシ集客がオススメです。

チラシは、地域の大人数に知ってもらえる最短の方法なのです。

 

お店の近所の重要性

新規客には「1回限りの新規客」と「定着しやすい新規客」が存在します。

お店の売上を上げ、経営を安定させるためには「定着しやすい新規客」を集客することが不可欠です。

そして、地域密着の郊外型のお店の場合、定着しやすい新規客として最も有望なのが近所のお客様です。

なぜなら、遠い場所に住むお客様は通い続けることが難しいからです。

 

遠い場所のお客様を集めても成功する代表は、オフィス街のお店です。

正確には近いところには住んでいないですが、近い職場に通っている方が集まります。

 

しかし、結婚や出産を機に郊外に引っ越すと生活スタイルが変わります。

そうなると、住んでいる家から近くて通いやすい、郊外型のお店に行くようになる人が多いのです

 

つまり、近くて通いやすいことは、お客様にとって大きな来店動機となります

だからこそ、地域密着のお店は近所に最大の力を注いで集客する必要があるのです。

そして、近所の方にお店の存在を知ってもらう最適な方法がチラシ集客なのです。

 

ただし、チラシはただ作って配ればいいというものではありません。

特に重要となるのが、近所に何度も配るということです。

 

よく新規オープンのお店で、非常に広い地域に1回だけチラシを配るお店がありますが、それではほとんど効果は期待できません。

何度も何度も地道に繰り返し、お店の存在を知ってもらうことが必要なことなのです。

 

チラシで紹介客が増える理由とは?

チラシ集客の最後のメリットが、クチコミ紹介客が増えるということです。

では、なぜチラシで紹介客が増えるのでしょうか。

その答えは、チラシを見た方の行動にあります。

 

チラシを見て整体院のことが気になった人は、その整体院に通う友人に評判を聞こうと考えます。

しかし、そう都合よくそのお店に通っている友人はいないでしょう。

そこで次に取る行動が、ホームページを探すというものです。

 

チラシの効果は低くなりましたが、それはチラシで直接集客する効果です。

実はチラシは見えないところで、様々な効果を発揮しています

ネットが普及することで、チラシの役割は変化しているのです。

 

例えば、チラシの効果を上げると以下のようなものがあります。

・チラシを見て新規来店する

・チラシを友達に見せてクチコミを広げる

・チラシを見て友達から評判を確認し紹介で新規来店する

・チラシを見てホームページに訪れる

・チラシを見てネット広告サイトに訪れる

 

チラシには単体の効果もありますが、他の集客手段にも好影響を与えることができるのです。

全体の新規集客を考えると、その効果は計り知れません。

 

ホームページがないと怪しい!?

ホームページは、今や新規集客を行う上で必須のツールといってもいいでしょう。

なぜなら、お客様の行動を考えるとホームページがない場合、大きな損失を生むおそれがあるからです。

その行動とは、たくさんの情報を集めてお店を選ぶ、クチコミを聞いたらネットで確認するというものです。

 

まず、たくさんの情報を集めてお店を選ぶことについて解説します。

インターネットが普及した現在、お客様は様々な情報を簡単に入手することができます。

例えば、チラシを見たとしても、その後にホームページを確認したり、クチコミサイトで評判を確認したりする人がほとんどなのです。

 

このとき、お店のホームページがないとどう思われるでしょう。

きっと、お店に対して不信感を抱かれてしまいます。

調べたときにホームページがあるというだけで、お店の信頼感を上げることができるのです。

 

この傾向は、スマホの普及でさらに加速していきます。

現在は8割以上の方が、お店を選ぶ際ネットを活用しているのです。

つまりホームページは、お店を選ぶ時に情報を得るために、必ずチェックする集客の後押しツールということができます。

 

あなたもチャンスを失っている・・・

ホームページに絶対に必要な情報とは?

今どきのお客様は、クチコミを聞いたらすぐにネットで調べます。

特にスマホが普及して、この傾向はどんどん加速しています。

 

特に興味を持ったお店なら、詳しく知るために詳細な情報を集めます。で

はなぜ詳しく知りたいのでしょうか。

その理由は、人は行動する時に情報がないと不安だからです

言い換えるなら、安心するために人は情報を集めます。

不安なままでは行動できないのです。

 

では、どんな情報があれば安心できると思いますか?

例えば料金は絶対に知りたいでしょう。

また、お店の雰囲気も知りたいところです。

特に女性は、雰囲気でお店を決める人もすくなくありません。

 

さらに、美容室なら、スタイリストの情報も必要です。

顔や性別、年齢、服のセンスなどもチェックされます。

治療院なら、先生の情報になるでしょう。

こちらも顔や性別はもちろん、保有の医療国家資格があればより安心します。

 

ホームページを見ることで、お店に行かなくても情報を得て不安をある程度解消することができます。

最近お客様のお店選びに、ホームページは必須の情報源となっているのです。

 

紹介客がホームページを見て増える

クチコミを聞いて興味を持った人は、広告で興味を持った人より積極的にお店の情報を集めます。

つまり、ホームページやブログなども、しっかり読んでから来店するかどうかを決めるのです。

 

ホームページがないと、興味を持った人の不安を解消することができません

その結果、来店することなく興味を失ってしまうケースもありえるのです。

せっかくお客様がクチコミを広げてくれ、紹介客として来店してもらえるチャンスだったにもかかわらず、こちらでは何も手が打てないうちにそのチャンスを失ってしまっているのです。

 

ホームページを持っておけば、このような機会損失を防ぐことができます。

ホームページで、お店の魅力を最大限アピールすることで、お店の実力を100%活かすことができるのです。

紹介のチャンスを最大限活かすためにも、ホームページは持っておかなければなりません。

 

小さな美容室では、無料ブログやフェイスブックページを持っていても、ホームページは持っていない場合が少なくないと思います。

しかし、そのような場合、集客チャンスを失っている可能性があるのです。

 

ホームページがあれば、365日24時間常に集客し続けてくれます。

お店の実力をきちんと発信するためにも、ホームページを積極的に導入していきましょう。

 

紹介が最高の集客法である3つの理由

紹介は、既存のお客様がお店の存在と魅力までアピールしてくれるため、知ってもらう活動と選んでもらう活動の両方を兼ね備えた最高の集客方法です。

さらに、紹介から来店したお客様は、最も定着しやすい新規客です。

では、なぜ定着しやすいのでしょうか。

その理由をここで解説していきます。

 

客層が近い

お店に価値を感じてくれている既存のお客様は、価値観が近いからこそ紹介してくれています。

価値観が合わない人には、自分が好きなお店を紹介することはありません。

お店の価値を理解できる人を紹介してもらえるからこそ、紹介からの新規客は定着率が高くなります。

 

信頼性が高い

人は、広告の情報より第三者のクチコミを信じやすいものです

さらに、第三者のクチコミより知り合いからの情報を信じます。

 

例えば電化製品を買うとき、多くの人がネットで情報を集めると思います。

その時、メーカーが訴えている情報と消費者のクチコミ、どちらを参考にするでしょう。

おそらく消費者のクチコミですよね。

さらに電化製品に詳しい友達がオススメするなら、かなり信頼して購入を決定できると思います。

 

ある調査では、消費者はものを選ぶ時、売り手の言うことは47%しか信じないが、他の消費者の言うことは90%信じるという結果が出ています。

多く人が、広告よりも第三者のクチコミを信頼して行動しているのです。

 

つまり、紹介から来たお客様は、来店前からお店に対する信頼度が高いのです。

そして信頼こそ、お店に定着してもらうには絶対に必要になります。

 

来店前の接触回数が多い

「親和性の法則」というものをご存知でしょうか?

これは、人は接触回数が多いほど、親しみを感じやすいという法則です。

 

例えば、同じ10時間接触するにしても、5時間ずつ2回接触するよりも、1時間ずつ10回接触するほうが親しくなれるのです。

この法則に、紹介からの新規客が定着しやすい理由があります。

 

紹介からの新規客は、来店前に何度もお店に接触しています。

友達からのクチコミでまず接触し、ネットでホームページを見て接触し、さらにブログを見て接触するなど、様々な情報を調べるごとにお店に接触しているのです。

 

広告からのお客様より、来店前の接触回数が多い傾向にあります。

そのため、ある程度親近感の高い状態で来店してもらえます。

親近感が最初から高いのだから、定着しやすいのは当然なのです。

 

このように紹介は、定着しやすいお客様を集め、広告費もほとんどかからない最高の集客方法ということができます。

 

ただし、一つだけ注意点があります。

それは、紹介だけですべての集客を行おうとしてはいけないということです。

美容室や治療院では、引っ越しなどによりどうしてもお客様は減っていきます。

定着率がずっと100%というお店はありえないのです。

 

失客人数より紹介の新規客数が毎月多ければ問題はないですが、なかなかそうもいきません。

紹介はコントロールできないので、紹介が減るとすぐに失客人数の方が多くなり、お店は衰退していきます。

大切なのはバランスです。

今のお店に必要なことは、既存客の定着なのか、それとも新規客の増加なのか、常に現状に合わせた集客方法を実施するようにしましょう。

 

集客ツールを使いこなして整体院にお客を集める

上記で紹介した3つの方法は、どれが正しく、どれが間違っているというものではありません。

また、1つの方法では、単純な効果しか期待できません。

同時に複数の方法に取り組むことで、相乗効果を発揮するようになります。

 

そして、すべてが相乗効果を発揮することで、はじめて最大の集客効果を発揮できるのです。

3つの集客方法にバランスよく力を入れ、全体の新規集客を増やしていってください。

記事の内容が良かった・参考になった方はシェアをお願いします!


助成金無料診断を実施中!

こちらでは助成金無料診断サービスについて紹介いたします。

中小企業経営支援センターでは、事業主の皆様がどんな助成金を受給することが可能なのかご確認いただく目的で、助成金無料診断のサービスを実施させていただいております。

お問合せフォームにて事業主の皆様からの助成金無料診断のご依頼を受付中でございますのでどうぞお気軽にご利用ください。
お電話での助成金無料診断も勿論可能でございますので、どうぞお気軽にお問い合わせいただけますようお願いいたします。


ABOUTこの記事をかいた人

福岡の開業・内装専門家

これまで、20代前半より8店舗のお店をオープンしてきました。銀行などから融資を受けることなく無借金で10年以上経営するも、自分の将来が見えなくなってしまったため、全て従業員や知人に売却。 その後、店舗の開業、店舗展開に携わり、これまでオープンしてきた店舗は100を超えます。 また、内装の専門家でもあるため、全国各地より『内装支援』の依頼が絶えず来ており、これまでサポートした個人事業主・企業様は500件以上となっています。